「ニュース・リリース 2010.7」  賛助会員 新・古美術 富士鳥居

レ・クレドール・ジャパン賛助会員
新・古美術 富士鳥居
代表取締役 栗原直弘

先日、レ・クレドールの一部のメンバーにはメールでお知らせいたしましたが、より多くの方に知っていただきたく、弊店の「本金蒔絵ワイングラス」のホーム・ページがリニューアルしたことをお知らせいたします。
日本の「美」と「技」を守り伝えるという弊店の大義から生まれた「本金蒔絵ワイングラス」は、レ・クレドール・ジャパンからの海外ギフトなどにもお使いいただいており、ご存じの方も多いでしょう。

レ・クレドール用(月兎)

本来、ガラスには定着しないとされてきた「漆」を半永久的に定着させる技術によって、漆で手描きした上に金粉を蒔いて磨き上げる「蒔絵」の技法で、オーストリア・リーデルのグラスに日本の情緒を載せています。

富士鳥居グラス

ご注文で、「名入れ」やレ・クレドール・ジャパンのグラスのような「オリジナル・グラス」もお作りしており、他では手に入らないグラスは差しあげた先様からも大変ご好評を頂いております。詳しくは下記の「本金蒔絵ワイングラス」のウェブ・サイトをご覧ください。

www.fuji-torii.com/maki-e/

投稿日: 2010年7月21日

プレス記事

ミーティング

お勧め情報

アーカイブ