第7回 アジア大会 香港 2011. 8

 

2011823日〜 26日 香港においてアジア大会が開催されました。

 

1日目823日: 多くの参加者の到着当日、当初の予定より約2時間集合時間が早まり、思ったよりも空港からの渋滞で冷や冷やしながら”Royal Garden Hotel”へと向かいました。 到着し、若干のバタバタが有りながらも、無事に遅れる事無くバスへ乗り込みました。

まずは、香港の誇るSKY100、パノラマ屋内展望台にて100階からの景色を眺めます。その後、観光ツアー旅行でも訪れる“ジャンボ”レストランへ。オープンデッキにあがると、既にウェルカムカクテルが始まり、各国のメンバーとの名刺交換が始まります。夕焼けから夜景に景色が変わるころ、ようやく初日の夕食が始まるので会場を移動、かつての英国領のなごりからかバグパイプの先導のもと、今回のホスト国香港のプレジデントMr. Fred LUI, レ・クレドールインターナショナルのプレジデントMs. Virginia Casale, Hong Kong Tourism Bordの会長Mr.James Tienの入場と共に中国獅子舞が登場。大会開催の合図として銅鑼を叩いた鐘の音色が響きわたりました。

3時間を経過し初日が終了。

 

2日目 824日: 日帰りマカオへ

ターボジェットフェリーに乗り込むが、始めの大きな揺れに動揺しながら、これを解消するには、寝るしかない!と静かに55分を過ごし何とか到着。まずは、マカオタワー338M58階の展望台の床は一部ガラス張り!このタワーからのバンジージャンプは世界最高地からの高さを誇るそうです。時間があったら是非ご体験ください。

Mr. Grant Bowie MGM Grand Paradice Limitedのプレジデントの講演。

昼食前の数分間を頂戴し、日本メンバー全員で準備をしたお揃いT-SHIRTSを着て、これまでの支援を感謝すると共に、日本の安全をPRし大きな拍手を頂戴しました。

午後は、マカオ散策でマカオ最古の寺院やポルトガル領を感じさせる天主堂跡、博物館を訪れる。現在アジアのラスベガスと言われる所以でもあるような、Galaxy Macaoのプールサイドでホテルの中の波のプールを横に見ながらカクテルと室内にて夕食。

長い一日でしたが、香港で用意されていた青色のシャツを参加者全員で着用し歩く姿は

一体感と協調性を意識出来たように感じました。

 

3日目 825日: Asian Hospitality をテーマに4名の方々のスピーチ

Mr. Andrew Tang Hospitality Industry Training &Development Center

はっきりとした語り口調で、アジアのおもてなしと礼儀正しさを強調されアジアの一員で良かったと認識。

Ms. Taren Tan  Harbour City 大きなショッピングモールを成功させたプロのマーケティングのお話し。

Mr. Duncan Palmer LANGHAM Hong Kong  コンシェルジュからご自身の経歴もスタートしているからか、如何に仕事をしていくか?のヒントや考えさせられる内容の濃いお話しでした。

Ms.Coco Cheng  Burbery Asia 世界のバーバリーらしい顧客を大切にする精神は業種が違えども同じ。この後VICVery Important Customer)ルームを見学。

ランチを、モートンステーキにて。

その後、ささやかな時間、自由行動

 

最後の華やかなナショナルコスチュームと正装で参加者が集いホワイエでは、記念撮影大会。長めに会場を待った後、スモークの中、おとぎの国のようなムードを感じながら

ガラディナー。最後の最後には、DJとの素晴らしいコンビネーションでのダンスで盛り上がりました。名残惜しみながら会場を後に。

 

日本からは11名が参加

 

20110825_007.JPGマンダリン オリエンタル 東京 田嶋 益美

セルリアンタワー東急ホテル 次田 名緒子

ザ・リッツカールトン東京 丸山 ひろみ

ザ・ペニンシュラ東京 尾崎カレン龍

グランドハイアット東京 今泉 愛子

シャングリ・ラ ホテル東京 加藤 絵美

シャングリ・ラ ホテル東京 野武 宏仁

ホテルオークラ東京 浜崎 統

マンダリン オリエンタル 東京 平方 久美子

ANA インターコンチネンタルホテル東京 小野山 麻子

コンラッド東京 阿部 泰年

 

 

 

 

次田 名緒子 筆 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日: 2011年9月10日

プレス記事

ミーティング

お勧め情報

アーカイブ